不妊でお悩みの方へ

  不妊でよくあるお悩み

  • 妊娠できず
    悩んでいる

  • 婦人科疾患が
    あるため妊娠
    できるか不安

  • 不規則な生活
    を送っている

  • 不妊が続き
    ストレスが
    溜まっている

不妊症のメカニズムと対処法について

なかなか妊娠が叶わず不妊症で悩んでいる方は多いと言われています。

 

不妊の原因は女性・男性の体質的理由や心理的なものまでさまざまです。
また、年齢によって妊娠しにくくなるといったこともあるため、
妊娠を望まれる方であれば不妊の原因や対処法について理解を深めることが重要でしょう。

 

ここでは、不妊症の原因や特徴、対処法についてご紹介していきます。

不妊でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

不妊症とはどのような状態なのか

不妊症で悩まされている方は多いとされています。
しかし、なかにはなぜ子供ができないのかその原因をはっきりと理解していないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは不妊の原因や不妊とはどういった状態なのかについてご紹介していきます。

 

【不妊の原因について】

不妊症の原因はさまざまです。
女性側の原因、男性側の原因、双方の原因や心理的なものなどあるため、どのような要因から不妊になってしまうのかを理解していきましょう。

●不妊症とは

不妊症とは、生殖年齢にある男女が妊娠を希望し、1年以上避妊をせずに性交を行っているにもかかわらず妊娠の成立がない状態を指します。
しかし、婦人科疾患や男性側の無精子症などがある場合、不妊期間を問わず妊娠のためには医療的介入が必要な「絶対的不妊」と言われています。

 

 

●女性側の原因

不妊症の原因として、女性側に原因があるケースが考えられます。
女性側の原因として多いのは「加齢」「排卵因子」「卵管因子」「頸管因子」「免疫因子」「子宮因子」などです。
女性は35歳を過ぎると自然妊娠する確率は著明に低下するとされ、加齢により子宮内膜症などの合併が増えること、卵子の質の低下が起こることが原因とも言われています。
ピックアップ障害は子宮内膜症などのため卵管采が周囲と癒着することで起こり、不妊の重要な原因とされています。

 

●男性側の原因

不妊症の原因として、男性側に原因があるケースがあります。
その場合「造精機能障害」「精路通過障害」「性機能障害」といったものがあり、重度の精子症や無精子症の場合、妊娠を成立させるためには医療介入が必要となります。

 

●心理的な原因

不妊症の原因の一つとして、女性・男性共に心理的な要素が深く関係していることもあると言われています。
ストレスは心だけでなく、身体の調子にも大きな影響を与えてしまうとされ、そのストレスが不妊に関わっていると考えられる場合もあります。
なかなか子供できないことによる焦りや、ひたすら妊娠を待つという負担が身体にも影響を及ぼします。
女性であれば排卵そのものを抑制してしまったり、卵管の痙縮を起こしてしまう場合があります。
男性では精子の質を下げ、精子の形成を阻害してしまうことなどがあるのです。

不妊症の解消法について

不妊症を確実に解消する方法はありません。
しかし、少しでも妊娠の可能性を高めるために良いとされている方法はあります。
ここでは、不妊の解消を期待される方法についてご紹介していきます。

 

【不妊の解消法について】

不妊を解消する確実な方法はありません。
しかし、妊娠の確立を上げることが期待される方法はいくつか存在します。
ここでは、不妊症の解消法について主なものをご紹介していきます。

 

●ストレス対策

ストレスは男女ともに妊娠を妨げる要素として挙げられることが多いです。
どうしても妊娠が叶わず焦る気持ちから精神的な負担を抱えてしまい、妊娠の確立を下げてしまうことは多いため、なるべくリラックスできる環境を作ることをおすすめします。

 

●適度な運動をする

運動不足なども不妊の原因の一つして考えられることがあります。
現代人はデスクワークが多く、食事などで摂取した糖質や脂肪を十分に燃焼・消費できないことがあるため、身体の機能が低下してしまいがちです。
ウォーキングやヨガなど、手軽に始められる運動から取り組むことをおすすめします。

 

●栄養バランスを整える

普段の食事から十分な栄養を摂取できるように、なるべくバランスの良い食事を摂ることが望ましいでしょう。
また、過度のダイエットは排卵障害など女性機能に支障をきたすことがあるためなるべく避け、健康的な食生活を心がけることが大事です。

 

●体質改善

女性の不妊の原因の一部は「肥満」「低体重」であるとされています。
そのため、適正な体重を維持できるよう食事や運動などを日頃から行い、体質を改善していくことをおすすめします。
また、タバコやアルコールといった嗜好品は不妊にも繋がる要素と考えられ、出産後においても悪い影響となることがあります。
妊娠・出産を真剣に考えるのであれば、喫煙や過度の飲酒は控えることをおすすめします。

小池鍼灸接骨院の【不妊】のアプローチ方法

まず丁寧にカウンセリングを行い、患者様の問題点を探っていきます。
問題点ごとに対応が異なりますが、鍼灸やパルス治療器を使い自律神経の調整、身体のバランスを整えます。

また、妊娠しやすい身体に近づくよう「栄養指導」「生活指導」に力を入れています。

不妊治療専門の鍼灸院で勤務経験のある副院長が担当しますので妊活、不妊治療中のストレスのマネジメントやクリニックでの治療ステップのご相談にも対応いたします。

著者 Writer

著者画像
副院長:小池友梨子(こいけ ゆりこ)
【所有資格】
柔道整復師、鍼灸師

【生年月日】
1987年10月9日

【出身】
茨城県取手市

【得意な施術】
鍼灸施術全般 、産前産後ケア
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:小池鍼灸接骨院
住所〒399-3303 長野県下伊那松川町元大島1385-2
最寄:JR飯田線 伊那大島駅から徒歩8分
駐車場:あり 9台
                                                                   
受付時間
8:30〜
12:00
- -
14:30〜
19:00

13:30~
15:00
- -
※定休日:日曜・祝日
※水・土曜日の午後は予約のみ
※土曜日の午後は13:30〜15:00まで

【公式】小池鍼灸接骨院公式SNSアカウント 小池鍼灸接骨院ではLINE・Instagramを運用中!

【公式】小池鍼灸接骨院公式SNSアカウント 小池鍼灸接骨院ではLINE・Instagramを運用中!

【公式】小池鍼灸接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています