子どもの成長と運動能力アップ

こどもの成長と
運動能力アップに必要なこと

近年こどもの運動能力や体力の低下、栄養バランスの偏りが深刻になっているとされます。
そのため、こどもの成長を促し運動能力をアップさせるための取り組みが重要とされています。
ここでは、こどもの成長・運動能力構造のための施術や取り組みについてご紹介していきます。

こどもの成長と運動能力アップを受ける方によくあるお悩み

  • こどもの才能
    を伸ばしたい

  • こどもの運動の
    サポートを
    したい

  • こどもの
    運動能力を
    高めたい

  • こどもの成長
    を促したい

こどもの成長に欠かせない重要な要素とは

近年こどもの運動能力や体力の低下などが深刻化しているとされます。
生活環境や遊びの環境などさまざまな要因が関わっていますが、こどもの成長にはどのような要素が重要なのでしょうか。
ここでは、こどもの成長に欠かせない要素や、現代のこどもがかかえる問題についてご紹介していきます。

 

【近年のこどもが抱える問題について】

近年のこどもは体力面や運動面において弱体化の傾向にあるとされ、問題視されています。
また、栄養面バランス面においても成長に必要な栄養素を十分に摂れていないなど、その問題はこどもだけでなく家庭にも及ぶとされています。

 

●こどもの弱体化問題

近年のこどもは体力・運動能力が低下し、さまざまな身体の弱体化が進んでいるとされています。
とくに成長著しいはずの小学生・中学生にそのような弱体化の傾向は多くみられ、単純な身体の動作でさえも行えないことがあるとされています。
・しゃがめない
・片足立ちができない
・腕立て伏せができない
このような運動が行えないこどもは多く、筋力や柔軟性の低下といった問題が浮き彫りとなり深刻化しています。

 

●生活環境の変化

このようなこどもの弱体化の背景には、生活環境の変化が大きく影響しているとされます。
遊ぶ方法一つをとっても、近年では家庭用ゲーム機やスマホの普及といった影響が大きく、外で身体を動かす機会が大幅に減ったとされています。
そのため、普段から運動を行うことが減り必要最低限な体力でさえ失われつつあるとされるのです。

 

【こどもの成長を促すために】

こどもの成長を促すためには、周囲の大人のサポートが必要不可欠とされています。

 

●こどもの成長に欠かせない要素

こどもの成長には大きく分けて「運動神経の発達」「脳の発達」が欠かせないとされています。
これらの要素は互いに相互関係でもあり、どちらか一方が欠けてもこどもの成長にとっては大きな支障となってしまうとされるのです。
運動を行うことで筋肉や骨が刺激され身体の成長を促し、頭を使うことで脳の発達だけでなく効率のよい身体の使い方や周囲の人間と自身の役割を認識することでこどもの成長は促されます。
そのためには身体を動かすことはもちろん、身体や脳の成長に必要な栄養素を日頃から十分に摂取できていなければ難しいと言われています。

 

●家庭や指導者のサポート

こどもの成長を促すためには親や運動指導者のサポートが必要不可欠です。
そのため、栄養管理やこどもの才能を発掘するといったことを積極的に行っていくことが重要とされています。
家庭内だけで難しいことは専門家がサポートを行い、一人ひとりに合わせたプラン設計が必要とされるのです。

こどもの成長と運動能力アップのために行うこと

こどもの成長と運動能力アップを目的とした活動・施術とはどのようなことを行うのでしょうか。
また、こどもの身体の状態を可視化できるとされる通信簿とはどのようなものなのか。
ここでは、こどもの成長と運動能力アップの取り組みについてご紹介していきます。

 

【こどもの成長と運動能力アップの取り組みについて】

こどもの成長と運動能力アップを目的として行われている施術内容についてご紹介していきます。

 

●こどもの身体の状態を見える化する

こどもの成長に必要な26の項目をスコア化し、何が足りていなくて何が必要なのかをすべて「見える化」することにより、こどもの弱点やこどもがもっている能力を可視化します。
その結果、鍛えるべき筋肉や行った方がよい運動などを的確に指導し、よりこどもの運動能力を高めることが期待されるのです。
こどもの育成環境を整えることで家庭・指導者も明確な指標ができるため、こどもの成長を促すとされています。

 

●専門家の指導

運動や栄養面において専門的な知識をもった人間が指導することにより、こども一人ひとりに合わせた栄養管理・運動指導を行えることが期待できます。
また、こどもの隠れた才能や運動面での得意不得意を発掘し、その才能をさらに伸ばすことにも繋がるとされるのです。

小池鍼灸接骨院の【子どもの成長と運動能力アップ 】

近年子どもの身体は類を見ないほどに弱くなっていると言われています。
原因とて挙げられるのがまず、「ロコモティブシンドローム」といって「筋肉弱々」「骨スカスカ」「関節ガタガタ」のような高齢者の介護の場面で用いられるような状態の子供が10人に4人いると言われています。
このような状態の子供達が毎日のようにスポーツを行えばいずれケガをすることが想像できると思います。

もう一つ、栄養摂取量の低下です。
ある県の調査ではスポーツをしていて食事に気をつかっている家庭の食事を調査したところ全ての栄養において運動をしつつ身体を成長させるための栄養量に届いていませんでした。

これらが子どもの身体を弱くしている大きな要因です。

しかし、多くの親はうちの子供は問題なく運動できているし関係ないと思ってしまう方は多いと思います。
全くそんなことはありません!!たまたま怪我していないだけの事は多くあり、そのままの身体の状態で上のレベルでスポーツをすると突然大きなケガをする子は多くいます。

当院では「アスリートの通信簿」を用いて子どもの身体機能と栄養の成長に必要な項目をA〜Dで評価をし伸びやすい能力、伸びにくい能力を把握し改善を行い怪我に負けない強い身体、運動能力の伸びる身体にしていきます。
栄養面は身体のみでなく「精神的な成長」「規則正しい生活」「運動神経の成長に大きく影響するため足りていない栄養を補う」ことが重要になります。

スポーツを頑張っているけど思うように上手くならない、身体が大きくならない、運動していない子でも疲れやすい、集中力がない、体力がないなどの相談も多く受けています。
殆どが運動と、栄養で改善が可能です。
子どものことで気になる事はあるけど病院に連れて行くようなことではないと言った事は多々あると思います。
些細なことでもご相談ください。

著者 Writer

著者画像
院長:小池輝宗(こいけ てるむね)
【所有資格】
柔道整復師、鍼灸師、按摩指圧マッサージ師
日本体育協会公認AT

【生年月日】
1987年10月8日

【出身】
長野県松川町
 

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:小池鍼灸接骨院
住所〒399-3303 長野県下伊那松川町元大島1385-2
最寄:JR飯田線 伊那大島駅から徒歩8分
駐車場:あり 9台
                                                                   
受付時間
8:30〜
12:00
- -
14:30〜
19:00

13:30~
15:00
- -
※定休日:日曜・祝日
※水・土曜日の午後は予約のみ
※土曜日の午後は13:30〜15:00まで

【公式】小池鍼灸接骨院公式SNSアカウント 小池鍼灸接骨院ではLINE・Instagramを運用中!

【公式】小池鍼灸接骨院公式SNSアカウント 小池鍼灸接骨院ではLINE・Instagramを運用中!

【公式】小池鍼灸接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています